26歳になりました

こんな状況の中でも誕生日は普通にやってくる。5月10日で26歳になりました。もうすっかり20代後半に差し掛かっていた。成人して6年経ち、大学卒業して2年が経った。25歳と26歳の間にはなんだか大人の壁があるような気がするけど、でもそんなに変化があるわけではないし、いつだって今が若いんだからやりたいことをいつでもやれる人生にしたいな。

去年はつらいことの多さや自分の不甲斐なさが嫌になってずっと気分が沈んでいた。せっかく東京に出てきたのに完全に親から自立とまではいかなくて、結局は地元に戻ってきた。結果として東京から関西に戻ったのはベストな選択で大都会でコロナの影響受けずに健康的な自粛生活ができていてラッキーだった。

今の状況を考えたら、別に東京にこだわる必要もないし、そもそも最初から東京や大都会に憧れとかなかった。東京を経験して関西で働いてみると、生きやすさを感じられた。なんで関西で就職せんかったんやろ。思い返せば、大学4年の自分が就活とか働くとか会社とか経済とかいろいろ理解していないことが多かった。なんとなくで就活して最初に内定もらった会社にそのまま入社しちゃったのがよくなかった。働くってなんだろう。いまだによくわからない。

こうやって振り返ってみると、一度気分がどん底に落ちたら、過去の自分が好きだったもの、興味があったもの、やりたかったことが今の自分にはほとんど残ってないことに気づいた。好みや価値観が変わったのもある。

でもその分、今の自分にもやりたいこと、挑戦したいことがあって、漠然と思い描いていたアイデアをマインドマップツールを使って書き出してみた。1年後、3年後にやりたいこと、なっていたい自分の理想を書いてみると今の自分がやっておくべきタスクが見えてきた。将来の目標とかまだふわふわしているけど、ここに書かれていないことは今の自分の眼中には無いのかな〜と思ってる。

ふわっとした思いを書き出してみると、個人でもアプリ作りたいなーと思って、以前から考えていたアイデアを少しづつ固めている。2つくらいアイデアがあってどちらもプロトタイプまで自分で作れたらいいなと思う。自分が将来何者になれるのかは全然わからないけど、何かを作ることは続けていきたいな。

blog.harukaashiuchi.me

今年にやりたかったこと、主に旅行が全然できないと思うけど、2月から英会話に通い始めて大学ぶりに英語の勉強を再開した。TOEICも中止になってモチベが下がってきたけど継続するだけしてみるかという感じで日々やってる。最近はアガサクリスティーのそして誰もいなくなったを洋書で買ったので少しずつ読み進めている。

ひとりで知らない土地に行きたいな〜