城崎温泉に行ってきました。

みんながGOTOしていて、お土産をもらってばかりだったのでうらやましくなって自分も城崎温泉へGOTOしてきました。 どうせ行くなら外より中の、同じ兵庫県内で行ったことない場所へ行ってお金を落としてきました。

我が地元、兵庫県は結構温泉があります。その中で有名な城崎温泉へ行ってきました。 蟹の時期は11月からのようで、また冬になったら行きたい。

行き帰りの電車は特急こうのとりで。往復の予約がちとややこしかったのですが、無事チケット発見できました。 11時に城崎温泉駅に着いてしばし歩くと、「城崎温泉」で検索したらだいたい出てくる柳と橋の風情ひろがる風景が待っていました。まじで風情しかない。 通りにお土産やさんや飲食店と旅館が軒を連ねていました。旅館はほんとうにたくさんあって、全部で80近い数があるようです。 チェックインの時間まで時間があったので、お昼ご飯に海鮮丼を食べたり、通りをぶらぶらみて回りました。 f:id:asssy:20201018103330j:plain

ここに来て初めて知りましたが、京都にあるデザイン会社・マーブルが運営しているコーヒーショップがありました。

DRIP & DROP COFFEE SUPPLY

旅館の近くにロープウェイがあったので登ってきました。そんなに高くないですが、日本海が見えて良い眺めでした。 f:id:asssy:20201017202109j:plain 山陰の方初めて来たかも。

今回泊まった宿は、ときわ別館さんにしました。城崎温泉にある旅館はザ・旅館な純日本風ばかりなのですが、ときわ別館は中でも私好みでした。 日本建築最高です。また来たい。 部屋から中庭が見渡せて最高でした。 f:id:asssy:20201017202417j:plain 今回泊まったお部屋は2階でしたが、もし次来るなら1階の庭がすぐ近くで見渡せるお部屋に泊まりたい!

城崎温泉といえば外湯巡りが有名ですね。どこか一つの旅館泊まっても全ての外湯が無料で入れるのでお得です!これでどうやって維持してるんやろ? 今回行った時は、御所の湯が耐震工事で休館でした。ときわ別館は通りより奥の方に位置していたので、一番近い鴻の湯へ行きました。 浴場の内湯は結構熱いですが、露天風呂はちょうど良い温度でした。旅館に泊まる人はタオルとかばんを貸し出してくれるので、お風呂セットは最低限の荷物のみでオッケーです。 f:id:asssy:20201017201850j:plain f:id:asssy:20201017201906j:plain 夜の城崎は、灯りがついてとても綺麗でした。秋になると17時でもすっかり日が暮れてきましたね。 これは通りで見つけた昭和レトロなフォントなサントリー。城崎にある建物はほとんどが古くて良い雰囲気を醸し出していました。

2日目は生憎の雨でした。この日から寒くなってきました。

f:id:asssy:20201017194359j:plain
朝食
朝からしっかり食べられる旅館の朝食でした。豆乳でゆでられた湯豆腐が美味しかったです。

f:id:asssy:20201017194500j:plain 晴れても雨でも曇り空でも夜でも城崎の風景は情緒があっていいですね。 雨が降っていなければレンタサイクルで玄武洞まで行こうと思っていましたが、滑りやすいらしいので電車で行くことに。 電車が来るまでの待ち時間がちと長いのでそれまでに湯上りチーズタルトと但馬牛まんを食べます。 玄武洞駅までは電車で5分。駅着いたら目の前が円山川があり、そこに船着場があります。 渡し舟を呼ぶには事前に予約が要りますが、当日その場でミュージアップショップに電話しても5分くらいで迎えに来てくれます。 f:id:asssy:20201017194545j:plain 写真が、船着場から見える景色。大きく穴が空いているのが玄武洞で、隣にある六角形の建物がミュージアムショップです。

f:id:asssy:20201018104446j:plain f:id:asssy:20201018104504j:plain

玄武洞は生で見ると迫力あってほんとうにすごい!「すげぇ…」としか言いようがない。 この柱状節理を模した六角形の模様がきれいに並んでいる様子が見事な自然の造形です。 こうやって六角形になるのは、溶岩が素早く冷えて綺麗に固まった結果らしいですね。溶岩とか見て楽しめるのはブラタモリを見ている証拠です。 それぞれ5カ所あって、北朱雀、南朱雀、白虎、青龍、そして玄武と四神の名前が付けられています。ベイブレードかよと思っちゃう世代ですが、神の名前が付けられるくらいどれも美しい造形でした。

f:id:asssy:20201018105301j:plain 青龍洞の水には浮き草がびっしり生えていてそれもまた絵になるのですが、水面に映る岩の模様が龍に見えることから青龍洞と名付けられたそうな。横でガイドさんの言っていることを盗み聞きした情報です。

城崎の地ひとつでひとつの旅館とと例えるくらい、全部よかったです。飲食の値段は観光地らしく少々お高いですが、まあそんなもんよね。 次は城崎温泉を経由して山陰海岸ライナーで鳥取まで行ってみたい。

今回泊まった宿はこちら

www.kinosaki.co.jp